無料
エロ
動画

潮ふき、吹かせ方を動画で学ぶ

快感に酔いしれ、潮を噴き出す姿を動画で研究してみてください。潮吹かせたい願望がある男性は必見。

|   ホーム   |

今日のお勧め

家庭教師が潮吹き について10代が語る

南○○のパイパン動画シーンが家庭教師が潮吹きとともに流出

仁君はTシャツの裾から手を入れ直接さわり始めた。仁は身体を起こし、ぎこちなく腰を使いはじめた。「あぁ・・・ん・・・」思わず声がもれてしまった。「はぁ・・・はぁ・・・いくよ・・・」そういって一気に仁のモノが玲を貫いた。「先生(潮吹き永作博美似)・・・気持ちいい?」「ん・・・うん、気持ちいいわ・・・仁く・・・ん」「俺も気持ちよすぎ・・・先生(潮吹き永作博美似)の中熱くて、ヌ・・・、ヌルヌルしてて、すごい締まってる・・・」耳元で仁が話すたびに、中から溢れてくるのがわかった。顔を離し、お互い見つめあった。

「あっそうだ、この前の試験の結果」そういって成績表を見せてくれた。私は仁君にチュッとキスをした。仁君は私の為にレモンティーを用意してくれていた。(すごい、大きい...) 「先生(潮吹き永作博美似)...我慢できない...」「いいよ、しても」「いいの?」「いつもやっているようにして見せて」「?」「仁君が一人でスルとこ見たい・・・」「えっ?うそでしょ?!」「だって身体さわるだけって言ったよね」「あ...」 仁君は照れて赤くなりながらも、私のほうを向いて座りなおし私の身体を見ながら、自分のモノを握り、手をゆっくりと前後に動かし始めた。「お待たせ、仁君」と部屋に入った。仁君は私をチラチラ見ている。

早く奥まで入れてほしいのに、少しずつしか進んでこないのだ。喉がゴクンと鳴る仁君・・・緊張している姿が可愛い。たぶん学校でもモテモテだと思うけど、あんまり女の子に興味がないのか、いろいろ聞いても答えてくれない。今度は仁君のほうからキスをしてきた・・・仁君の舌が荒々しく私の口内へ。「あっ、ダメ仁君...」「さわるだけだから...先生(潮吹き永作博美似)のココすごい濡れてて光ってる...」 そういって仁君は私のソコに口をつけ舐め始めた。シャワーを浴びて、さっきまで着けていたブラジャーを手に取ると水を含み、もう着けられないほどになっていた。

私は立ち上がり、仁君のベットに腰掛けた。私はもどかしくて、たまらなくなっていた。ノーブラで借りたTシャツを着て、ショートパンツを履いた。仁君は私の乳首を口に含みちゅっちゅっと乳首を吸い上げる。「仁君、こんにちは、雨が急に降ってきちゃって、 ビショビショに濡れちゃったの」 仁君は私のびしょ濡れの姿を見て驚いていた。「‥‥せ、先生(潮吹き永作博美似)‥先生(潮吹き永作博美似)‥‥さわるのは良かったですよね」 そういって片方の手は私のおっぱいに手を伸ばし、反対の手で自分のをさわっている。

  1. 2009/01/01(木) |
  2. 家庭教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家庭教師が潮吹き デカい乳首をベロベロと舐められ潮吹き画像

「あぁ〜・・・いい・・・」仁は奥まで入れると下になっている玲をギューッと抱きしめた。仁は身体を起こし、ぎこちなく腰を使いはじめた。金曜日はお気に入りの生徒の仁君の日。その声を聞いた仁君はさらに Tシャツを脱がし、今度は履いているショートパンツを一気に下ろされてしまった。ちゅうちゅうと入り口やクリ○リスを舐められて、 私は自分でもわかるほどたくさんのお汁をトロトロ出していた。私はいつものとおり家庭教師先に向かった。

「あぁー・・・ダメだって、センセ・・・動いちゃ・・・」私の腰が無意識に動いたようだ。「すごいじゃない、仁君」「先生(潮吹き永作博美似)の為にがんばったんだ」「私のためじゃなくて、自分の為でしょ」「先生(潮吹き永作博美似)...頑張ったから、ご褒美ちょうだい」「うーん...そんなに高いものはダメよ、おいしいものでも食べに行く?」「絶対にお願い聞いてくれる?」「うーん・・・無理なことは無理って言っちゃうよ」「・・・先生(潮吹き永作博美似)の・・・身体さわりたい・・・」今までそんなそぶりを見せなかった仁君に、いきなり言われ驚いた。「あっ...ダメぇ〜」私の声は彼の耳には届いていないのか、 あっという間に私はピンクのパンティだけの姿になっていたのだ。「あっ...仁君のから何かあふれてきたよ...気持ちいいの?」「先生(潮吹き永作博美似)...気持ちいい...」 (仁の切ない顔を見てるだけで感じちゃう・・・) 「あっ...あっ...先生(潮吹き永作博美似)...。私は立ち上がり、仁君のベットに腰掛けた。「...仁君の大きいの先生(潮吹き永作博美似)の中に・・・入れて・・・」 仁君の熱いものが私の裂け目を押し開いて入ってきた。

仁はそのまま私を抱きしめキスをして 「先生(潮吹き永作博美似)...最高...」といってくれた。「はぁ・・・はぁ・・・いくよ・・・」そういって一気に仁のモノが玲を貫いた。仁君は、けっこうカッコよくて、現在高校2年生。私は仁君にチュッとキスをした。ノーブラで借りたTシャツを着て、ショートパンツを履いた。早く奥まで入れてほしいのに、少しずつしか進んでこないのだ。

「あったかくて、柔らかい...」 「仁君・・・恥ずかしい・・・よ・・・」あいていた仁君の左手が私の背中にまわされた。「仁君、こんにちは、雨が急に降ってきちゃって、 ビショビショに濡れちゃったの」 仁君は私のびしょ濡れの姿を見て驚いていた。Tシャツの下ノーブラでしょ?!」「恥ずかしいんだから、言わないでよ」私は顔が赤くなってしまった。「あぁ...」私は思わず声をあげていた。「あっ、うれしい・・・ありがとう」私はレモンティーをいただいた。「イヤ・・・やめて・・・仁君」と私は抵抗するが、仁君は足をしっかり握っていて、離れない。

  1. 1970/01/01(木) |
  2. 家庭教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家庭教師が潮吹き ギャルで超カワ麻生梨奈ちゃんのエロエロプレイ!フェラ&手コキプレイ

家庭教師が潮吹き 好きな女は、淫乱です。。。

「...仁君の大きいの先生(潮吹き永作博美似)の中に・・・入れて・・・」 仁君の熱いものが私の裂け目を押し開いて入ってきた。「はぁ、はぁ、はぁ・・・先生(潮吹き永作博美似)・・・」私は笑顔で小さくうなずく。「仁...クン!あっ...あっ、気持ちいいわ」 もうがまんできなくなって私は声を上げた。喉がゴクンと鳴る仁君・・・緊張している姿が可愛い。あっという間にTシャツはめくられ、ベットに押し倒されてしまったのだ。出る...出ますっ...」「いっぱい出して・・・」 「あっ...ああぁぁ...」 仁は腰を突き上げながら吐精した。

たぶん学校でもモテモテだと思うけど、あんまり女の子に興味がないのか、いろいろ聞いても答えてくれない。「...いっぱい出たね」 「はぁ...はっあぁ最近してなかったし...」 なれた手つきで、ティッシュでキレイにしていく。金曜日はお気に入りの生徒の仁君の日。「あんっ・・・ダメ・・・」と逃げようとしたが、仁君の力にはかなわなかった。最近は、苦手だった数学も少しずつ興味が出てきたのか、成績が上がり始めていた。私は立ち上がり、仁君のベットに腰掛けた。

唯一身に付けているピンクのパンティをはがし取ると、大きく足を広げソコに顔をうずめた。「お待たせ、仁君」と部屋に入った。目の前でしごいているという事がさらに仁の興奮を高める。仁の視線が私のあそこにそそがれているのを、熱いくらい感じるのだ。「すごいじゃない、仁君」「先生(潮吹き永作博美似)の為にがんばったんだ」「私のためじゃなくて、自分の為でしょ」「先生(潮吹き永作博美似)...頑張ったから、ご褒美ちょうだい」「うーん...そんなに高いものはダメよ、おいしいものでも食べに行く?」「絶対にお願い聞いてくれる?」「うーん・・・無理なことは無理って言っちゃうよ」「・・・先生(潮吹き永作博美似)の・・・身体さわりたい・・・」今までそんなそぶりを見せなかった仁君に、いきなり言われ驚いた。私はいつものとおり家庭教師先に向かった。

「あぁ〜・・・いい・・・」仁は奥まで入れると下になっている玲をギューッと抱きしめた。仁君は私の乳首を口に含みちゅっちゅっと乳首を吸い上げる。「すごい‥‥。「あっ、うれしい・・・ありがとう」私はレモンティーをいただいた。「あぁ・・・ん・・・」思わず声がもれてしまった。「あっ...仁君のから何かあふれてきたよ...気持ちいいの?」「先生(潮吹き永作博美似)...気持ちいい...」 (仁の切ない顔を見てるだけで感じちゃう・・・) 「あっ...あっ...先生(潮吹き永作博美似)...。

  1. 1970/01/01(木) |
  2. 家庭教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家庭教師が潮吹き の超驚愕プレイ

家庭教師が潮吹き の本当の気持ち良さをあなたはまだ知らない。

金曜日はお気に入りの生徒の仁君の日。目の前でしごいているという事がさらに仁の興奮を高める。私はもどかしくて、たまらなくなっていた。「先生(潮吹き永作博美似)の身体、すごくキレイ...」と仁君は褒めてくれた。「・・・いいよ・・・仁君」 仁君は真っ赤になりながら、私の隣りに座る。今度は仁君のほうからキスをしてきた・・・仁君の舌が荒々しく私の口内へ。

決してうまくはないのだか、それがかえってすごく興奮させた。出る...出ますっ...」「いっぱい出して・・・」 「あっ...ああぁぁ...」 仁は腰を突き上げながら吐精した。Tシャツの下ノーブラでしょ?!」「恥ずかしいんだから、言わないでよ」私は顔が赤くなってしまった。「先生(潮吹き永作博美似)、ココが一番気持ちいいんでしょ?!」 仁君は私のクリ○リスに人差し指で触れた...と思うと、 あったかい舌が、私のクリ○リスをちろちろと撫であげ、円を描くように 舐めあげる。「わ、私だけ裸で恥ずかしいよ」というと 仁君は身体を起こし ジーンズとトランクスをひとまとめにして膝までおろした。喉がゴクンと鳴る仁君・・・緊張している姿が可愛い。

恥ずかしくなり、私は身体をよじって、隠そうとするが、あっという間に捕まり抱きしめられてしまった。慌ててバスタオルをもって来てくれた。仁は身体を起こし、ぎこちなく腰を使いはじめた。その声を聞いた仁君はさらに Tシャツを脱がし、今度は履いているショートパンツを一気に下ろされてしまった。早く奥まで入れてほしいのに、少しずつしか進んでこないのだ。「はぁ・・・はぁ・・・いくよ・・・」そういって一気に仁のモノが玲を貫いた。

「あぁー・・・ダメだって、センセ・・・動いちゃ・・・」私の腰が無意識に動いたようだ。「も、もう・・・仁君たら、いきなりそんな冗談言うんだから、びっくりしちゃった・・・」「冗談じゃないよ、先生(潮吹き永作博美似)・・・ずっと先生(潮吹き永作博美似)のこと思ってたんだ・・・そのために勉強もめちゃくちゃ頑張って・・・」そういいながら仁君はうつむいてしまった。「あったかくて、柔らかい...」 「仁君・・・恥ずかしい・・・よ・・・」あいていた仁君の左手が私の背中にまわされた。「すごいじゃない、仁君」「先生(潮吹き永作博美似)の為にがんばったんだ」「私のためじゃなくて、自分の為でしょ」「先生(潮吹き永作博美似)...頑張ったから、ご褒美ちょうだい」「うーん...そんなに高いものはダメよ、おいしいものでも食べに行く?」「絶対にお願い聞いてくれる?」「うーん・・・無理なことは無理って言っちゃうよ」「・・・先生(潮吹き永作博美似)の・・・身体さわりたい・・・」今までそんなそぶりを見せなかった仁君に、いきなり言われ驚いた。シャワーを浴びて、さっきまで着けていたブラジャーを手に取ると水を含み、もう着けられないほどになっていた。「あっそうだ、この前の試験の結果」そういって成績表を見せてくれた。

  1. 1970/01/01(木) |
  2. 家庭教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家庭教師が潮吹き 好きでたまらない女。

家庭教師が潮吹き という未開発ゾーン。きっと癖になります。

たぶん学校でもモテモテだと思うけど、あんまり女の子に興味がないのか、いろいろ聞いても答えてくれない。仁君はTシャツの裾から手を入れ直接さわり始めた。(すごい、大きい...) 「先生(潮吹き永作博美似)...我慢できない...」「いいよ、しても」「いいの?」「いつもやっているようにして見せて」「?」「仁君が一人でスルとこ見たい・・・」「えっ?うそでしょ?!」「だって身体さわるだけって言ったよね」「あ...」 仁君は照れて赤くなりながらも、私のほうを向いて座りなおし私の身体を見ながら、自分のモノを握り、手をゆっくりと前後に動かし始めた。その声を聞いた仁君はさらに Tシャツを脱がし、今度は履いているショートパンツを一気に下ろされてしまった。「先生(潮吹き永作博美似)、ココが一番気持ちいいんでしょ?!」 仁君は私のクリ○リスに人差し指で触れた...と思うと、 あったかい舌が、私のクリ○リスをちろちろと撫であげ、円を描くように 舐めあげる。「・・・いいよ・・・仁君」 仁君は真っ赤になりながら、私の隣りに座る。

私が家庭教師をする前に比べ、格段と良くなっていた。最近は、苦手だった数学も少しずつ興味が出てきたのか、成績が上がり始めていた。その言葉を聞き、今まで以上に仁君が愛しく思った。Tシャツの下ノーブラでしょ?!」「恥ずかしいんだから、言わないでよ」私は顔が赤くなってしまった。「はぁ、はぁ、はぁ・・・先生(潮吹き永作博美似)・・・」私は笑顔で小さくうなずく。仁君は私をチラチラ見ている。

「あっ、うれしい・・・ありがとう」私はレモンティーをいただいた。「あんっ・・・ダメ・・・」と逃げようとしたが、仁君の力にはかなわなかった。「あぁ〜・・・いい・・・」仁は奥まで入れると下になっている玲をギューッと抱きしめた。仁は喜んで、私の裂け目にむしゃ ぶりついてきた。シャワーを浴びて、さっきまで着けていたブラジャーを手に取ると水を含み、もう着けられないほどになっていた。「あっ...仁君のから何かあふれてきたよ...気持ちいいの?」「先生(潮吹き永作博美似)...気持ちいい...」 (仁の切ない顔を見てるだけで感じちゃう・・・) 「あっ...あっ...先生(潮吹き永作博美似)...。

「ん・・・気持ちよすぎ・・・」「はぁ〜ん・・・うぅ・・・」「す、少しずつ・・・入れないと、それだけでイキそう・・・」と仁君は荒い息でそうつぶやく。仁君は私の為にレモンティーを用意してくれていた。「はぁ・・・はぁ・・・いくよ・・・」そういって一気に仁のモノが玲を貫いた。私は仁君にチュッとキスをした。恥ずかしくなり、私は身体をよじって、隠そうとするが、あっという間に捕まり抱きしめられてしまった。ピンポンを鳴らすとすぐに、生徒である、仁君が出てきてくれた。

  1. 1970/01/01(木) |
  2. 家庭教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

女優タイプ

AV女優 ロリ系 お姉さん 素人

プレイ別カテゴリー

生姦
痴女
オナニー
クンニ
手コキ
パイズリ
アナル
ローション
口内射精
レズ
野外露出
ハメ撮り
バイブ
ドラマ風
中出し
フェラ
マングリ
潮吹き
放尿
69
3P・乱交
顔射
SM
ナンパ
|   ホーム   |
このブログを通報 | Report Abuse
新作アダルト見放題プラン | エログ | チャットレディブログ | アフィリエイト | 
close