無料
エロ
動画

潮ふき、吹かせ方を動画で学ぶ

快感に酔いしれ、潮を噴き出す姿を動画で研究してみてください。潮吹かせたい願望がある男性は必見。

|   ホーム   |

今日のお勧め

教師が潮吹き にハマる沢○似の女

南○○のパイパン動画シーンが教師が潮吹きとともに流出

何十度目かの突き上げに、体の中で何かが壊れた。「後ろからして欲しいの、はじめは」「後ろって‥‥バック、ですか」「そうよ‥‥してみたいでしょ?」「も、もちろん。ずっと」 なんだか恋人同士の語り合いみたいでくすぐったい。「いいわよ‥‥とっても上手よ‥‥。「でもオナニー、しちゃった?」 返事は聞かなくてもわかっている。でも今日は、そのときの顔を見ていられるほど余裕があるかどうか、とても疑問だ。

(もぅ‥‥最近生意気なんだから‥‥) 童貞を奪ってからというもの、ご褒美を建前に女性の扱い方もレッスンしている。彼はもう鼻息が荒くなって、はぁはぁと口で息をしている。「いいよ‥‥イッて‥‥わ、私ももぅ‥‥」「あ、はぃ‥‥ぁぁうううわぁっ‥‥」「あっん‥‥あっああっ!」 体の一番奥に一度目の放出を受け止めた瞬間、私の何もかもが真っ白になった。彼は眉をひそめて肩で息をしながら、しごきたてる私の顔をときどき薄目で確認している。そのまま胸元までずりあがると、パンティの真ん中を硬いペニスがこすっていく。「一週間以上溜めてた濃いのだから、先生の奥にたっぷりと出したいんです」 きっとそれは彼が私に立てた操を、子宮に注いで証明したいということなのだろうか。

「あンっ」 指先で的確に私の胸の先を捉える。おちんちん、かな‥‥」「そう‥‥じゃあ結城(潮吹き山本梓似)君のおちんちんから出てくる、白くてネバネバしたものはなんて言うの?」「ん‥と‥‥精液、です‥‥」 私の淫語責めはもうスタートしていた。よくわからないまま入れようとしたら、まちがってお尻の穴に入ってしまった、なんて言う噂もあるくらいだから、無理はしない方がいい。エロティックと言われたことはあったけど、綺麗と言われたのははじめてだった。変なプライドが邪魔をしていることも自覚している。見下ろされる感覚はそれほど悪くない。

久しぶりだったねと、思わず声をかけたくなる。私は握ったペニスを優しくしごいてあげる。先生のすべすべの背中がたっぷり見れるし、さわれるし‥‥でも、はじめはって‥‥」「最後はいつもみたいに正常位でイキたいの。軽く目を閉じて、もう恍惚の表情だ。「カサのところをきゅっきゅってされると気持ちいいでしょ?」 私は二度三度繰り返すと、手を離してショートパンツに手をかけた。「ね、ねえ結城(潮吹き山本梓似)君。

  1. 2009/01/07(水) |
  2. 教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

教師が潮吹き デカい乳首をベロベロと舐められ潮吹き画像

教師が潮吹き に舌を這わせる。あなたは尋常ではない興奮を覚えることでしょう。

うっすら割れた腹筋を楽しみながら更に上に行って、こりこりにした乳首を指先でこねる。おちんちん、かな‥‥」「そう‥‥じゃあ結城(潮吹き山本梓似)君のおちんちんから出てくる、白くてネバネバしたものはなんて言うの?」「ん‥と‥‥精液、です‥‥」 私の淫語責めはもうスタートしていた。あ、ひょっとして‥‥終わったからやるぞって感じ?」「結城(潮吹き山本梓似)君、いいからテストに集中しなさい」 おどける生徒の頭をげんこつの背中でこつんと叩くと、私はベッドに腰掛けてのんびりくつろぐ。絶え間なく溢れる蜜が彼のカサで掻き出され、内腿に幾筋も淫らなラインをつくる。精液を出すときはいつも私の目の前で、ということを。男性経験豊富な私から見ても、今までの誰にも負けないくらいに立派で、思い出しただけでも体が火照ってくる。

彼のペニスを目の当たりにしてしまった私は、そこに自分の理想の形を見つけた。少しずりあがったスカートから覗く太腿に、彼の鋭い視線が注がれるのが手に取るようにわかる。「そうよ‥‥結城(潮吹き山本梓似)君のおちんちんが欲しくて、ひとつになっているとこを想像するだけで、しっとり濡れてきちゃうのよ」 淫語という名目を借りて、つい本音が漏れてしまう。「あぅ‥ん‥‥こ、ここが入り口よ‥‥わかった?」 本当は全部を入れてしまいたい。理想的なボディラインなんだろうね‥‥きっと」 ぬちょぬちょと捏ねる音に混ざってそんな囁きが聞こえてくる。ベッドの下にスカートを放り捨てると、脚の間に割って入ってきた。

「仕方ないわね‥‥いいわよ。でも誉められて悪い気はしない。私は彼の感じている顔にとても弱くて、子宮がきゅぅんと切なくなる。まだまだ余裕がないわね、なんて思いながらも、久しぶりの感触が体に染みわたるのを感じていた。退屈になって部屋の中を見渡してみた。「あぁ‥‥先生‥‥」 彼の切ない声に子宮が震えてとろりと潤んだ。

結城(潮吹き山本梓似)君のおちんちん、つばと先走りが混ざってどろどろになってる」 激しくしごきたてると、ぬちゃぬちゃといやらしい音が部屋に響いた。さっき見たときからずっと、こうしたかったんだ‥‥」「結城(潮吹き山本梓似)君の頭の中は、いつもエッチなことでいっぱいなのね」「そんなこと‥‥あるかも‥‥」 頭を軽く左右に振ってすりつけてくる仕草が子供みたいだけど、私が股間で感じているモノはとても子供らしくない。「はぅっ」「ふふ。唇を割って入った舌を絡めながらも手際よくほどき、手前に肩紐をふっと落とす。先生って呼びなさいっていつも言ってるでしょ」 思い出したような問いかけには返事をしないで、夏休み最後のテストに集中し始めた。私は返事を返す代わりに、彼の動きに合わせて自らも腰を振った。

  1. 2008/10/23(木) |
  2. 教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

教師が潮吹き の超驚愕プレイ

あなたの教師が潮吹き を調教したいのですが。。。

「ノリカさん、なーんかいつもとちがうんじゃない? 背中が丸開きだし。まだまだ余裕がないわね、なんて思いながらも、久しぶりの感触が体に染みわたるのを感じていた。どうやら『淫語でシテアゲル』というタイトルのDVDらしい。「ん、ああ〜、終わったぁ〜。「借りたのはそうでも‥‥ひょっとして先生が生理の間、こっそり見てシテたんじゃない?」 彼は私に約束している。彼はもう鼻息が荒くなって、はぁはぁと口で息をしている。

私は彼の太腿を跨ぐようにベッドの縁に膝をついた。ショートパンツから手を抜くと、盛り上がってる部分に手のひらを被せてさする。教えるという半ば自らをじらしていたせいもあってか、久しぶりなのに中はとろとろに柔らかくて、大きなペニスをいとも簡単に受け入れていた。「パンティが透けるくらいに、すごく濡れてますよ‥‥」「透けて‥‥何が見えてるの?」 彼の視線を痛いくらいに感じて、またじわっと濡らしてしまった。くびれの部分をきゅっと握ると、体がびくんと震える。すぅと冷たい風が、開いた脚の間をすり抜けていく。

退屈になって部屋の中を見渡してみた。彼に腰を固定され、ただなすすべもなく、ただひたすらに熱い杭を打ち込まれる。興奮してついつい強くなっちゃって」「いいのよ」 確信犯なのは表情を見ればわかる。「あぁ‥‥先生‥‥」 彼の切ない声に子宮が震えてとろりと潤んだ。結城(潮吹き山本梓似)君のイク顔、とってもかわいいんだもの」「あ、は、はい‥‥そ、そうですか?」 顔を真っ赤にして照れてる。入れさせてあげる‥‥」 なんて台詞だろう。

俺、一度こうして先生のを見たかったんだ‥‥」 情報源はエッチな雑誌かアダルトビデオだろう。「で、でも‥‥腰が‥‥腰が勝手に‥‥せ、先生のだって‥‥ぎゅっぎっゅて‥‥引き出ていくときに‥‥はぅっ‥‥ほら‥‥今‥‥俺のを掴むみたいに‥‥痛いけど‥‥ずぅうんって脳天まで痺れるよ‥‥」 ぐっちゅぐっちゅと規則的に、私と彼の繋がったところが淫らに歌う。「でも‥‥今は俺のものだよね‥‥俺のご褒美‥‥もっと‥‥もっとがんばるから、俺‥‥」 また腰を掴まれた。「仕方ないわね‥‥いいわよ。「おちんちんが食べたくなっちゃった‥‥いい?結城(潮吹き山本梓似)君のべとべとのおちんちん、お口で味合わせてね‥‥咥えるね‥‥」 私は先っぽに閉じたままの唇を当てると、ペニスの太さに合わせて口を開きながら、ゆっくりと中に収めていく。「せ、先生‥‥も、もぅ出ちゃうから‥‥」 きゅうんとお稲荷さんが持ち上がったからそろそろかとは感じていた。

  1. 2008/08/08(金) |
  2. 教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

教師が潮吹き ド○モ店員の夢プレイ

原○○二十歳で処女を告白しちゃって問題になった動画映像

「パンティが透けるくらいに、すごく濡れてますよ‥‥」「透けて‥‥何が見えてるの?」 彼の視線を痛いくらいに感じて、またじわっと濡らしてしまった。だってほら、本の間にケースが埋もれてるでしょ。絶え間なく溢れる蜜が彼のカサで掻き出され、内腿に幾筋も淫らなラインをつくる。本棚にある何冊も並んだ週刊漫画誌の間にある、僅かな隙間が気になる。よくわからないまま入れようとしたら、まちがってお尻の穴に入ってしまった、なんて言う噂もあるくらいだから、無理はしない方がいい。「まだ始まったばかりなのに、結城(潮吹き山本梓似)君たらもうこんなおちんちんを大きくして‥‥」 太腿をさすっていた両手を、ショートパンツの裾から足の付け根の辺りまで、すっと入れてあげた。

軽く目を閉じて、もう恍惚の表情だ。私はそれを軽く受け止めると、右手もリズミカルにしごきたてながら、だんだん激しく出し入れを繰り返す。弱いんだ、彼のお願いしてくる表情に。お口で愛してあげてる体の動きに合わせて、そこを圧迫するように腰を押し付ける。ずっとこうやって先生のこと見てたから」「ずっと?」「そう。「こんなにエッチで綺麗な先生‥‥俺にはもったいないくらい‥‥」「ん、あ‥‥はくぅん‥‥ん‥‥」 もう言葉が出てこない。

少し悪戯心が出てきて、もっと腰を上げて見せつけてみる。今までこういうこと、一度もなかった気がする。教えるという半ば自らをじらしていたせいもあってか、久しぶりなのに中はとろとろに柔らかくて、大きなペニスをいとも簡単に受け入れていた。「こ、こらぁ」「まんぐり返しですよ、先生‥‥。失神とまではいかないが、絶頂を迎えてそのまま眠り込んだなんてどれくらいぶりだろう。じゃあ先生のお願いも聞いてくれる?」「え、あ、はい。

彼の精液をお口で味わうのは嫌いじゃない。「借りたのはそうでも‥‥ひょっとして先生が生理の間、こっそり見てシテたんじゃない?」 彼は私に約束している。一週間以上我慢しましたからね。「ん、うぷっ、はぁっ‥‥先生のを舐めてるとすごく興奮して‥‥」 私の手は彼のペニスを探していた。「あっはぁっ」 私はたまらず唇を離すと、二人の間につぅっと唾液が糸を引いて名残惜しそうに切れた。若い男の健康的な悲しきサガだもの。

  1. 2008/05/24(土) |
  2. 教師が潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

女優タイプ

AV女優 ロリ系 お姉さん 素人

プレイ別カテゴリー

生姦
痴女
オナニー
クンニ
手コキ
パイズリ
アナル
ローション
口内射精
レズ
野外露出
ハメ撮り
バイブ
ドラマ風
中出し
フェラ
マングリ
潮吹き
放尿
69
3P・乱交
顔射
SM
ナンパ
|   ホーム   |
このブログを通報 | Report Abuse
無修正動画 | エログ | チャットレディブログ | アフィリエイト | スマホでお小遣い稼ぎ! | 
close