無料
エロ
動画

潮ふき、吹かせ方を動画で学ぶ

快感に酔いしれ、潮を噴き出す姿を動画で研究してみてください。潮吹かせたい願望がある男性は必見。

|   ホーム   |

今日のお勧め

屈辱のナース潮吹き でヨダレを垂らす。

あなたは、屈辱のナース潮吹き を試してみたいと思いませんか?

「あぁ….もしもし私だが…婦人科の柳田君たのむ」高木は受話器に向かって言った(あぁ…..どうしよう…大変な事になった…嘘だとばれたら…..) 優子は自分の羞恥心が大事になってしまい動揺していた 「先生すいません…..」しゃがんだまま優子はすがるように高木の白衣を掴んだ。「はっ….はい」。「20歳の女の子が来るところじゃないわね」 「やっぱり正看護を狙うしかないかなぁ・・」 独り言をつぶやく優子は手にした看護師募集のページを捲りながら、次々に就職を決めていった同級生の事を思い出していた。「はい…………..」。……….判りましたか……」。いえっ知っています」。

「1年…」ぼそっと星野は答えると赤くなった鼻の脂を拭った。(先生は、私の遅れを取り戻そうとしてくれているのだわ。「すいません…………忘れていました…..」 優子は自らの指で弄っていた花弁からの快感に身体が反応しだしこれ以上堪えきれずに省いた部分を高木に指摘をされた事にショックを受けた。翌日優子は指定された教室にいった。“さあ、自分の性器を見て、確認しましょう” 「優子さんは自分の性器を見た事がありますか?」 「いいえ、ありません」優子は少し照れながら答えた。「えーここの尖がっている部分が陰核、俗に言うクリトリスです」。

「わっ…指が入った…わっ…わっ…熱い…熱いっ」 膣腔への突然の刺激に優子は堪らず声をあげた。優子は制服を早く着たくて、そう答えた。「あれっ…腰を突き出して….気持ちいいのかぁ…皆この可愛い子をいかせてやれ…」優子の肉体の変化に男達は気づき手を休めることなく優子を絶頂に導こうとした。「あ、あのう」優子はもじもじしながら言った。。(いやっ、恥ずかしい)思わず、優子は視線をそらそうとした。

「どうしても、必要なのでしょうか」 高木は冷静に「もちろんです。「おまんこをどうするんですか?」 高木は思わず興奮して、身を乗り出した。「や…やめて下さい……。「………..どうぞ………」優子の言葉に対して無表情なまま女は生気の無い声で呟いた。「どうしても入りたいです。すでに優子の小さなクリトリスは膨らみだし充血した淡いピンクの肉芽が覗いていた。

  1. 2009/01/09(金) |
  2. 屈辱のナース潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

屈辱のナース潮吹き 好きでたまらない女。

後藤○○の衝撃レズシーンで屈辱のナース潮吹きがばれてしまう。

「それじゃぁ….恒例の新人歓迎会を兼ねた体験学習をはじめよう….」 高木はそういうと衣服を脱ぎ出して優子を中心に描いている人の円に近づいて行った。他の生徒と比べて教習内容が遅れている為暫くは高木との個人教習ということだった。優子の目の前にまだ生えそろいかけの陰毛に囲まれた星野の男根が現れた。(やっぱり………ここも…….しなければいけないのか……..) 「…….他に質問は….ありますか…」下を向いたままの優子は高木の顔を見ずに尋ねた。) 極度の緊張と夢じゃないかと思うくらいの羞恥心でいっぱいになってしまった優子は 現実との区別が分からなくなっていた。大きく広げられた股間から剥き出すように優子の赤黒い粘膜の裂け目が現れた。

(もう..ここまでくれば充分だろう….次に進むか….やつらの催促もうるさいし…..) 「じゃぁ…..今日はここまでにしよう….明日はA館の第2教室に10時に来てください」。(なかなか…面白い娘じゃないか…あの研修生…さすが高木のお墨付きだけある…)緑山は覗いていた廊下の窓から顔を離して園長室に戻っていった。(先生は本当に優しい…。「ほらっ…ほらっ…気持ち良いか?…ほらっ…」緑山の指は熱くなった優子の柔らかい膣肉の壁を掻き出し摩擦した。(えっ、なにこれ、まさか…………) その臓器のような肉塊はよく見ると女性の性器の実物大のカラー写真であった。「……………というような状態が興奮した女性器に表れます…..」「ではここからはビデオを使って説明します……お願いします…」 提供 APEX 高木は映写室にいるスタッフに向かって頭を下げ促した。

「は…はぁ…分かりました」一緒の乗り込んだ女達が冷静に座っているのに優子は安心して答えた。「全裸を見られて恥ずかしかったですか?」 「はい、ちょっと……..」。くくっ、くくくくくっ) 提供SBS 次の日から優子の婦人科教習が始まった。「うっ…あううううん…はぁっ…はあっ…」 いく寸前で中断された優子の肉体は興奮状態を保ったまま 何人かの生徒達の手によって持ち上げられ高木の待つ教壇の上に運ばれた。(み…….皆にばれてる………..あぁぁぁ…….)優子はどこかに穴があれば入りたい気分で自分を突き刺す好奇な視線を浴びていた。翌日優子は指定された教室にいった。

「ほ…..本当は…….私………..感じてしまって….」優子は俯きながら囁いた。なぜなら折からの不況の風は企業だけで無く、聖域であった医療の世界にまで吹き荒れていた。恥ずかしいのが興奮するのだろう?)「訓練は以上で終了です。(こんな…おちんちん見た事ない…本当…小さな子供のチンチンみたい) 優子は少し興味を覚えながら亀頭の部分を覆っている包皮を少しずつ指で包むように後方に引いていった。「はーい。…..でも恥ずかしくて……言えませんでした…..」。

  1. 2008/10/25(土) |
  2. 屈辱のナース潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

屈辱のナース潮吹き でレイプされ、ゆるゆるになる女

あなたの屈辱のナース潮吹き を調教したいのですが。。。

「園長先生…園長先生が…」 「そうだ…わしがやったんだ…」緑山は優子に近づきながら言った。「あああああああっ…いいっ…あああああっ」優子が歓喜の声が部屋にこだました。(あの子達はいいわよねぇ、低給料・低休日でも妥協しちゃうんだから) 就職と同時に念願の一人暮しを始めたい優子にとって休みの多さはともかくとして最優先は給料の高さであった。私も働かせてください」。あくまでも、高木は平静を装いつづけている。) 「失礼します…..」。

高木の話は恥ずかしさで震えている優子の耳に入っていなかった。「ご苦労だった…。高木は「全くしょうがないな」という態度で 「質問が聞こえなかった様でしたので、もう一度だけいいます」。「優子さん、あなたの教習を取り戻す為に私も貴重な時間をさいているのです」 当病院の看護婦になりたければ、羞恥心など捨て、早く脱ぎなさい」 「………….」。翌日優子は指定された教室にいった。教壇に上がった優子の目に4人の男子達の顔が映った。

私がんばります」 優子は念願の入学ができることで悦びいっぱいになり、ついさっきまでの自分の痴態など頭から消し飛んでしまっていた。「何…?何でも言ってみて…」下を向いた星野の顔を優子は覗きこんだ。「おかしいな….?先程優子さんは興奮されていないとのことでしたよね……」首を傾げながら高木は真面目な面持ちで目の前の優子に言った。「優子(潮吹き吉野公佳似)優子と申します。「痛かったら…言ってね…」 「うん…」何時の間にか目を開けていた星野は優子の顔を覗きながら言った。最初の学生二人の荒っぽくてぎこちない指使いに何とか堪えていた優子だったが 一度に何本の手で撫で上げられ揉み扱かれる内に快感が芽生え始めてきた。

「していません………………すいません、したことがあります」 赤いランプが怖かった。「優子(潮吹き吉野公佳似)さんがオナニーする際によく触られる、豆のような部分とはここを指します」。互いにニヤリと笑いあった優子の目の前にいる男達はみんな一様に青白い顔をし痩せ細った身体で、かなり度の強い眼鏡を掛けいわゆるがり勉タイプの若い男達であった。「そう…星野くんは…何年生ですか?」優子は隣にいる長髪でかなり太っている子に聞いた。優子の股間からは男根を咥えこんだ結合部から聞こえてくるグチュグチュという音が教室に響き男達の精液と優子の垂らし続ける愛液の匂いが充満していった。(とにもかくにも、合格しちゃぇばこっちのもんね。

  1. 2008/08/10(日) |
  2. 屈辱のナース潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

屈辱のナース潮吹き の超絶世美女プレイ

眞●の屈辱のナース潮吹きを隠し撮り大開脚でエロエロ身体測定。

男達の目に優子の股間を覆っている淡い繁みが映った。「それでは、さっそく事務所の方で入寮の手続きを取ってください。「んんんんんっ…..ああああっ……….やめっ……..あああああああっ」「おぉぉ…..でるでる……….うっ…..うううううううっ….」口を犯していた男が唸った。50過ぎの太った男は高木に向かって頭を下げた。(やっぱり、だめかー。「な…….何をするの……やめて…..やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ」 優子は絶叫したが押し倒され床にころがされた優子の両腕は女たちに掴まれ動けないよう固定され身に着けていたブラウスをひきちぎられると胸を覆っていたブラを乱暴に毟り取られてしまっていた。

優子は顔を真っ赤にして答えた。「横に座ってもいいかしら….」優子は女に向かって言った。鼻を近づけあてがってみると、そこからは興奮したことを隠そうとしても体が反応してしまった、まだ20歳の優子の若い蜜壷から漏れ出した 濃い目の愛液の匂いが漂ってきた。これでよろしいですか?」 優子の生まれたままの姿がそこにあった。「女性の多くが…..乳房に性感帯を持っている…ここにいる優子さんもそうなんだろう」 高木は目を細めながら学生達に向かって説明していた。「こんなものもいただいたよ…」優子の目にキャップのついた白いチューブが映った。

「何とでも言いなさい…わしはちっとも…構わないよ…」緑山は優子の顔に近づくと耳に息を吹きかけた。「あれっ…腰を突き出して….気持ちいいのかぁ…皆この可愛い子をいかせてやれ…」優子の肉体の変化に男達は気づき手を休めることなく優子を絶頂に導こうとした。「もうやめてっ…やめないと高木先生に言いますよっ…」 「高木…?高木の了解済みだよ…ははははっ…」「えっ…」 「新人研修の仕上げだからよろしくってさ…ははははははっ」 「そんな……」 「まぁ…そういうことだ…。自分の敏感な部分を大勢の男達から弄られ優子は我を忘れ喘いでいた。)高木は優子から漏れた愛液の滴が床で溜まりを作りだしていたのを目を細めて眺めていた。優子は仕方なさげにスカートのホックを外すと透き通った白い脚を露わにし 小さく股間を覆っている白いパンティを男達の前に曝け出した。

「今日は山本くんが当番なの…?ご苦労さまっ…何年生?」「2年です…ところで…先生は何歳なの?」山本はにきび面を歪めながら優子に質問した。そんな鈴木の姿を見て優子はうれしくなってつかの間の教師気分を味わっていた。こんもりとした恥丘を包んでいる優子のパンティには恥裂から流れ出した愛液が染みだしていた。興奮していません………..」。いつのまにか背を向けていた鈴木の顔も正面を向いて優子の話す内容に耳を傾けていた。(あぁ、なんて恥ずかしいことを私は話しているのだろう……..。

  1. 1970/01/01(木) |
  2. 屈辱のナース潮吹き|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

女優タイプ

AV女優 ロリ系 お姉さん 素人

プレイ別カテゴリー

生姦
痴女
オナニー
クンニ
手コキ
パイズリ
アナル
ローション
口内射精
レズ
野外露出
ハメ撮り
バイブ
ドラマ風
中出し
フェラ
マングリ
潮吹き
放尿
69
3P・乱交
顔射
SM
ナンパ
|   ホーム   |
このブログを通報 | Report Abuse
無修正動画 | エログ | チャットレディブログ | アフィリエイト | スマホでお小遣い稼ぎ! | 
close